• 会長ご挨拶
  • 後援会会員のみなさまへ

     最初に、滋賀県立大学後援会の会員及び関係者の皆様、日頃から後援会活動にご賛同、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

     本来であれば、会長は大学の入学式後に開催される後援会総会にて正式に承認いただくものです。しかし、残念ながら2020年度は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、大勢が集まる催しの自粛により入学式すら開催できる状況ではなく、同様に総会も開催中止となったことで、理事会の承認を受け会長をさせていただくことになりました。

     新型コロナウィルス感染症は感染経路が分からない、特効薬がないということで、社会全体が移動を抑制され、経済の停滞が起こり、先行きが全く読めないことから人々を不安にさせています。4月現在、4回生の学生たちは私の娘も含めて就職活動の真っ直中でありますが、コロナウィルスの影響により、経済が悪化している上に、ウェブでのセミナーや面接など、今までにない就職活動を強いられています。後援会の事業の一つに就職支援があります。“大変な年だったけど、大学が相談に乗ってくれたから、就職支援してくれたから・・・”と学生達に思ってもらえるよう、後援会が出来ることに知恵を出したいと考えます。

     最後に、後援会が例年のように助成事業に取り組むことが出来るのか、一抹の不安はありますが、支援できることから進めてまいります。後援会は会員の皆様のご支援がなければ成り立ちません。今後とも、何卒ご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

    滋賀県立大学後援会 会長 阪口 武史