滋賀県立大学後援会会則

 (名称)
第1条 本会は、滋賀県立大学後援会(以下「本会」という。)と称する。

(目的)
第2条 本会は、滋賀県立大学(以下「大学」という。)の事業を援助し、その教育目的達成に資することを目的とする。

(事務所)
第3条 本会の事務所は、大学内に置く。

(事業)
第4条 本会は、第2条の目的達成のために、次の事業を行う。
 (1)学部学生(以下「学生」という。)のための福利厚生に関する事業
 (2)学生のための就職開拓に関する事業
 (3)大学と保護者との連絡に関する事業
 (4)その他本会の目的達成に必要と認める事業

 (会員)
第5条 本会は、次の会員をもって組織する。
 (1)正会員   大学に在学する学生の保護者
 (2)賛助会員  本会の趣旨に賛同する者

(役員等)
第6条 本会に次の役員を置く。 
 (1)会長 1名
 (2)副会長 1名
 (3)理事 若干名
 (4)監事 2名
2 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。
3 役員は無報酬とする。
4 本会に参与及び書記を若干名置くことができる。

(役員等の選出)
第7条 役員は、会員のうちから総会において選出する。
2 参与は、大学職員のうちから理事会の推薦に基づき、会長が学長の承認を経て委嘱する。
3 書記は、大学職員のうちから会長が学長の承認を得て委嘱する。

(役員等の職務)
第8条 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。 
3 理事は、理事会を組織して、会務を運営し、本会の重要な事項を審議する。
4 監事は、会務および会計を監査する。
5 参与は、本会と大学との連絡を掌る。
6 書記は、会長の命をうけて庶務ならびに会計の事務処理を行う。

(会議)
第9条 会議は、総会及び理事会とし、会議の議事は出席者の過半数をもって決する。
2 会議は、会長が召集する。
3 総会は年度初めに会長が召集し、次の事項を審議する。ただし、会長が必要と認めたときは、臨時に総会を開くことができる。
(1)予算および決算の承認
(2)役員の選出
(3)会則の改正
(4)その他必要事項
4 理事会は、会長、副会長、理事をもって構成し、会長が必要と認めたときに召集する。

(経費)
第10条 本会の経費は、会費、寄付およびその他の収入をもって支弁する。

(会費)
第11条 正会員の会費は、入学生1人につき50,000円を4年分とし、入学時に納めるものとする。ただし3年次編入生は1人につき25,000円を2年分とし、編入学時に納めるものとする。
2 賛助会員の会費は、1口10,000円とする。
 
3 正会員の学生(3年次編入生を除く。)の学籍が大学になくなった場合は、次により会費を返還する。
 (1)大学に入学後1年以内に学籍がなくなった時は、30,000円
 (2)大学に入学後2年以内に学籍がなくなった時は、20,000円
 (3)大学に入学後2年が経過した時は、会費の返還をしない。

4 正会員の3年次編入生の学籍が大学になくなった場合は、次により会費を返還する。
 (1)大学に編入学後1年以内に学籍がなくなった時は、10,000円
 (2)大学に編入学後1年が経過した時は、会費の返還をしない。

(会計年度)
第12条 本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(その他)
第13条 本会則に定めるもののほか、本会の運営に関する必要な事項は、会長が別に定める。
  
 附則
 この会則は、平成7年4月10日から施行する。
 附則
 この会則は、平成11年4月9日から施行する。
 附則
 この会則は、平成16年4月9日から施行する。
 附則
 この会則は、2011年(平成23年)4月5日から施行する。ただし、施行日の前日までに入学した学生への会費の返還については、なお従前の例による。



滋賀県立大学後援会会則